【日本のエーゲ海へ】新幹線輪行で牛窓へゆるポタライド

はじめに

第4回の城攻めライドで通り過ぎた岡山県の牛窓町。

いつか来ようと決めてましたが、急遽休みが決まったので前日の晩に急いでルートと準備をして弾丸ゆるポタライドを決行することに…

前回は自走で岡山まで行きましたが、着いてもゆっくり回る事が出来ないのが難点…

せっかく行くなら牛窓を満喫したい。ロングもいいけど本当のゆるポタで楽しむには…

そんなこんなで今回は新幹線輪行で岡山から出発するゆるポタライドに単独で行ってまいりました。

レッツゴー牛窓。

朝の5時に起床してしましたが、ぐだぐだしてると最寄の駅に着いたのが6時半ごろ…

平日はこの時間帯からお仕事の方々が動き始めてしまうことすっかり忘れて輪行作業を終えた満員電車になってることに気づいて新大阪まで自走する事に。

雨予報のため最寄りから出発を予定してましたが結局雨も降らず新大阪に到着。

自由席のチケットを購入し、九州新幹線みずほに乗って岡山へ。

平日は自由席でも空いていて、自転車も楽におけるぐらい快適でした。

岡山駅で輪行を解除して、第1の目的地へゆっくりとスタート。

岡山駅から進み始めてそれほど時間は経たずに秋の雰囲気を感じながら田舎感が満載の道へ。

陸の田舎道を進んで行くと突然現れる、寂れた?港町がみられるこのギャップ感がもうすでにわたしの岡山が好きです心を刺激していく。

岡山って絶景とかではないんだけれども、こうふと立ち止まりたくなるような謎の魅力が詰まった場所が多いんですよね。

写真の実力がNASAすぎて良さを伝えきれないのが悔しい…

ちょこちょことアップダウンをこなしていくと、下り始めに見えるちょっとした海の感じがとっても好き。(分かってくれる人いるでしょうか…?

この日は一日中曇りでしたがそれでも瀬戸内の景色は自分にとって心地よくて、落ち着きます

R232を走っていると突然視界に入ってきた、人類文明の荒廃によって沈んだ建物感あふれる何かもこれまた趣を感じる場所。

そして気持ち良すぎて全然距離が進まないが、気持ちいいのでオールOK。

こりゃうまい。岡山B級グルメえびめし

止まりすぎの影響で、時間もお腹の空き具合もちょうど良くなった所で本日の第一目標であるお店まで少しスピードアップ。

牛窓港のすぐそばにある、えびめしの店で有名な「キッチンかいぞく」さんに到着。

この写真で出ているサイクルラック。自転車で来た私をみて店主さんが出してくれるという牛窓地域の人のよさがにじみ出る気遣いが。(牛窓は人柄まで最高かよ…

ここに来てえびめしを頼まんわけにはいきませんが、カレーも美味しいらしい…

どっちも選べない。どっちも食べたい。そんなあなたにはえびめしカレー!!

もともとソースベースのご飯で色の区別がつきにくいですが、味は見た目ほど濃すぎる事もなくプリっとしたえびの食感もよくてとっても美味しい。カレーも甘みが強いタイプですが優しさを感じる旨味を感じます。

ここの店主?さんに牛窓の良いところについてお話を聞いてる間は、牛窓ブルーソーダなるおしゃれな飲み物をいただいておりました。(飲み物にオリーブが乗ってるなんて初めて。

店主さん曰く、近くの牛窓神社の宮司さんが面白い方みたいで、是非行ってみて欲しいと。

次の目的地の近くでもあるので寄ろうか迷っていると、「大阪からきた自転車乗りのイカしたお兄ちゃんがそっち行くから。」ともうすでに宮司さんに電話しているではありませんか!!

これは行かない訳にもいかなくなった。取り合えずいってみようと目的地を追加し、店主さんにお礼をいって再出発。

出発前に聞いていた道をたどり、オリーブ園に向う道を途中で右折してしばらく進むと、電話してもらった牛窓神社に到着。

入ってすぐから結構雰囲気のある道。

自転車で通るのも憚られるますが、とりあえず連絡してもらった宮司さんのもとへ。

待っても宮司さんが現れないのでとりあえずお参りを先に済ませてしまい、帰ろうかとした時に噂の宮司さん登場。(写真は無いので気になる人はぜひ足を運んでみてくださいね。

なぜか見知らぬ夫婦と宮司さんと一緒にもう一度正しい作法でお参り。

牛窓の地域のお話や悩みを聞いて下さったりと、一人一人の縁を大切にしたいと言う宮司さんの人柄が感じれる心地よい時間がながれていました。最後に五氣を注入してもらって次の目的地へ。(五氣とは元気・遣る氣・勇氣・本氣・根氣だそうで、これをもって次の一歩を踏み出すための背中を押してくれるそうです。

やっぱり岡山っていいな。

来た道を少しもどって少しきつめの坂を上り、有名なジェラート屋さんに寄ろうとしますがまさかのお休み…

もうオリーブ園まではすぐそこなので切り替えてまた登り始めます。

ゴール手前で振り返ってみるとそこには、絶景がみえて思わず「すげぇ…」って声が出てしまいました。

展望台?からのながめもこれまた素晴らしい。

日本で2番めに美味しいらしいソフトクリームをいただいて、次の目的地へ。

瀬戸内市立美術館の近くで曲がりR39に入って進んでいきますが、それにしても岡山の道は穏やか。ひたすら道沿いでここで楽しかった牛窓ともお別れ。

穏やか過ぎてほんとに次の目的地は存在するのか不安になってきますが、それらしき建物が。

やってきました日本一の駄菓子売り場!!

あのね。ここ、すっごい楽しいよ。思ってたよりもなんかワクワクするんですよ。

倉庫みたいな店内にところせましと並ぶお菓子。奥に進むとだがしといえばあのひとのすがたも!!  そう! ほたるさんがいらっしゃるんです!!

おかしがメインなんですけど、縁日を再現したコーナーもあって懐かしさが止まらない…

思ったよりも買い込んでしまったので弟へのお土産として持って帰ることに。

あとはもう消化試合みたなものでしたが、折角岡山に来たんだからとかの有名な後楽園へ。

閉園まじかだったのでちょっと急ぎ足でしたが日本庭園というのをかんじれました。

折角なので第2弾は岡山城。

別名は金烏城で、関ヶ原で有名な小早川秀秋も城主としていた城がこの岡山城なんですね。

松江城もそうでしたが、黒塗りの城はいかつくていいですよね。

岡山を満喫した後は、以前にも食べて帰ったデミカツ丼の店で晩ご飯を食べて、お家に帰りました。

おわりに

前回は通るだけでまわる事が出来なかったですが、

牛窓はいいぞ。

この一言に今回のライドのすべてが集約されていると言っても過言ではありませんね。(決してめんどくさいとか語彙力がないとかそんなんじゃないんだから…

景色もよし。食べ物もよし。人柄もよし と気持ちのいい場所だったので、距離こそは短いライドでしたが満足感はこれまでにないぐらいでした。

ゆるポタライドはそこの土地の人たちと関わりをゆっくり時間をとれるので、個人的には輪行での旅が好きになってきてる自分がいるですよね。(先立つものが余計にかかるのはご愛嬌です…

ロングライドメインの人でも自走で岡山は行けるでしょうし、一度訪れてみてはいかがでしょうか。(自分は余裕がないので輪行しましたけどねw

あぁ。ほんと岡山好きだわぁ。

走行記録

走行距離:79.6km

走行時間:3:10:45

平均速度:25.0㎞/h

獲得高度:652m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする